中坊進二は京都の寿司が大好物


寿司と聞くと、江戸前寿司が連想しがちですが、
日本各地で独自に伝統を受け継いでいる寿司というものがあります。
中坊進二が住む京都でもそれは例外ではなく、
海からかなり通い京都市中においても
魚を使った料理というものが数多くあるのです。
例え、人力により運搬しか無かった時代でも、
海から魚を運ぶ仕事は旺盛だったみたいです。
それとも、川魚を使った料理だったのでしょうか。

そのような理由で、
今、京都の体験教室では「寿司作り」が人気になっています。
押し寿司や、湯葉や漬物を使った寿司を作ることが出来ます。
寿司と聞くと魚を連想しますが、野菜を使った寿司もあるんですね。
漬物でしたら、確かに海が無くても作れそうです。
中坊進二もそうした京都の寿司が好物のようです。

寿司作りの体験教室ですが、京都の市中で開催されています。
プロの板前さんが、京都に流通する魚や地元の京野菜を使って、
数多くの種類の京都寿司の作り方を教えてくれます。
修学旅行生かなり人気のようです。
また、主婦を対象としたお料理教室のような「寿司教室」もあるみたいです。
中坊進二もちゃっかりその京都寿司作り教室に主婦にまじって
参加したことがあるそうですが、かなり大変だったそうです。
特に、飾り巻き寿司は気に入ったデザインにならなくて、
大変苦労したと語っていました。

寿司は日本の国民食になりつつあります。
内陸の地方でもソレは変わりません。
京都のど真ん中に住む中坊進二も寿司(とラーメン)は大好物だと言っていました。
京都料理はとりわけ、見た目を重視する傾向がありますので、
それこそ芸術に近い寿司作品たちがよく品評会に出されているそうです。
私もそうした催しを是非、見学したいところです。

mouseover